チェーン店店舗開発担当者のためのセミナー情報サイト“29109(ふくとく)JP”へようこそ

「店舗開発という仕事」上級編|チェーン店店舗開発実務講座

  • HOME »
  • 「店舗開発という仕事」上級編|チェーン店店舗開発実務講座
チェーン店店舗開発の管理職等に求められる[エリア戦略][出店戦略]の考え方・立案方法の基礎知識を3時間でしっかりマスター。演習も交えて理解を深めます。
管理職や企画ご担当の方で、チェーン店出店戦略・エリア戦略の立案・提案を求められている方などを対象に、実務に即した理論や手法を具体的にお話します。

「あるエリアの店舗開発を任されたがどうしたら良いか不安」、「エリア戦略を提案する際の基本的な考え方や方法を学びたい」、「新たに出店した場合の周辺の既存店への影響を踏まえた物件提案ができるようになりたい」、「全社的な出店戦略の構築や提案が求められているが考え方や具体的なやり方を知りたい」…といった管理職クラスやその候補の店舗開発ご担当者の方、ぜひご参加ください。将来に備えて勉強しておきたい、とお考えの初心者の方も歓迎です。

飲食業・小売業・サービス業種などでは、同じ屋号で多店舗をチェーン展開する企業がたくさんあります。そうした企業は、ある特定の地理的範囲(エリア)に複数の店舗を出店することが多々あります。そのため、店舗開発担当者は、実績・経験を積むにつれて、“そのエリア全体をどうするべきか”ということも踏まえつつ新規出店の提案ができるようになることを求められるようになります。また、複数のエリアを任されるようになると、それぞれのエリア戦略を考える必要も出てきます。

また、店舗開発部門の部門長レベルやその候補者の方は、全社的な経営計画を中長期の出店計画に落とし込むこと、新規出店の今後の方向性を示すことなど、より高い視点からの提案力や、個々の立地の判断もさることながら、新店のエリア配分や、新店が店舗網全体に与える影響や出店の意義などの説明が求められるはずです。

そういったことを起案するにあたって必要と考えられる事柄について共有させていただきます。弊社の企業内研修プログラム『店舗開発担当者養成講座』で使用しているオリジナルテキストを使用しながら、戦略系実務のご経験がない方にもご理解いただけるよう易しく解説いたしますので、お気軽にご参加ください。

講師プロフィール

Taku_Kato   加藤 拓(かとう たく)

市場調査会社にて、日本マクドナルド社GISシステム構築・マクドナルド売上予測モデル構築に携わった後、スターバックス コーヒー ジャパン社店舗開発本部・経営企画室にて、出店戦略立案、物件判断、新規物件の売上予測、既存店舗の売上分析等の店舗開発実務を10年間にわたり担当。(株)福徳社設立後は、多数飲食・小売・サービス業種チェーン企業の店舗開発部門のコンサルタント・社内研修講師として活動中。専門分野:チェーン店出店戦略、店舗開発、売上予測。

杏林大学総合政策学部専任講師(研究分野:出店戦略、サービス・マーケティング、消費者行動の計量分析、マーケティングと企業成果の関連)、目白大学非常勤講師、東京学芸大学非常勤講師。(著書・論文等の詳細プロフィール

慶應義塾大学商学部卒、東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了、コペンハーゲンビジネススクール留学、慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学。宅地建物取引士(登録番号:東京 第242957号)。

セミナー概要

1.エリア戦略概論

1店舗を出店する方法をマスターしたのち、“エリア”単位で出店を任されるようになり、複数のエリアを同時並行で管理することが期待されるミドルクラスの店舗開発担当者の方が学ぶべき内容をお話します。
エリアの単位は、駅を中心としたエリアであったり、あるいは、自治体(市区)レベルでエリアを分けたりと企業によって異なると思われますが、いずれにせよ“ある地理的な範囲を会社としてどうするべきか?”を考えながら行動することが求められるようになったときに、具体的に何をするべきかについて共有させていただきます。

  1. エリアを任されるようになったら?
  2. エリアの現状分析の目的
  3. エリア戦略の5タイプ
  4. エリア内の既存店の分析、店舗売上・利益データの加工方法
  5. エリアポテンシャルの算出方法、必要なデータ
  6. フォーカルゾーン、出店すべき区画、エリアポートフォリオ
  7. カニバリ分析方法
  8. 新規出店の7つの根拠
  9. エリア戦略を踏まえた新規出店のための物件説明の方法
  10. その他

2.出店戦略概論

  1. 店舗開発部門長の役割:経営計画と出店計画
  2. 店舗網の現状分析の問題点の把握
  3. マーケットポテンシャルの出し方(あと何店出店することが出来るのか?)
  4. マーケット・プランニング
  5. 店舗開発担当者の育成
  6. 年度別予算の立案
  7. 出店計画の説明方法
  8. その他
開催日時
  • 2018年9月14日(金) 13:30~16:30(受付開始 13:15)定員に達したためお申込みを締め切らせていただきました。
  • 2018年12月14日(金) 13:30~16:30(受付開始 13:15)

※講師は17:00まで会場におりますので、個別のご質問等があればお受けします。

会場 武蔵野商工会議所(JR中央線吉祥寺駅下車 北口 徒歩5分)
受講料 10,000円(税込) 教材費含む
お支払方法 銀行振込 又は クレジットカード決済(Eチケット購入)。※請求書・領収書発行可
定員 6名
受講のお申込み

セミナー受講をご希望の方は、下記項目に入力後、「送信」ボタンを押してください。折り返しメールにて詳細をご連絡させていただきます。

ご送信いただいた内容は、弊社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはいたしません。詳細につきましては、弊社の「プライバシーポリシー」をご参照ください。


--- ↓ 請求書発行をご希望の方は必ずご記入ください。 ↓ ---
※ 請求書不要の場合は空欄で送信してください。


(宛先住所は、原本郵送不要の場合は空欄で結構です)
--- ↑ 請求書発行をご希望の方は必ずご記入ください。 ↑ ---

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

福徳社メールマガジン(無料)

新着セミナー情報、店舗開発関連データ・コメント等を月1回配信中です。バックナンバー
Eメール

講師コラム「店舗開発という仕事」

出店で先を越されるのは不利か?ファミマ対セブン観察記~出店に関する法則の考察~

出店に関してはいろいろな“法則”があるように思います。 法則を見つけるのは何のためか? それは将来の予想に役立てるためです。そのためにも、恐らく将来はこうなるのではないだろうか、という視点で周囲を観察する必要があります。 …

店舗網の「健康診断」の必要性とその方法

店舗網の「健康診断」の必要性 店舗開発では「店舗をどういう立地に出店するべきか」という、個々の店舗の出店判断に関する問題に焦点が当たることが多いですが、このコーナーでは、いくつかの企業を例に“店舗網”という観点で会社を捉 …

店舗開発担当者の交流会で情報収集ネットワークを広げよう

物件情報を効率よく入手するルートというものは、店舗開発担当者の仕事上の命といって良いかもしれません。 このところ、私自身が頻繁に行き来する範囲内だけかもしれませんが、“カットワン”という低価格の床屋さんが増えている印象を …

店舗開発という仕事が「分かられていない」理由

なぜ分かってもらえないか? 多店舗化するチェーン企業において、「店舗開発」という機能は必要不可欠なものです。「店舗開発」業務を担当されている方の数は相当数にのぼると思われます。 それにも関わらず、「店舗開発」「立地開発」 …

ロードサイド新店舗『ジョイフル東京八王子店』の立地をどう評価すべきか?

ロードサイドの出店の場合、複数の生活道路が交差する交差点付近が失敗の少ない立地である、ということに異論は無いように思われますが、それに次ぐ立地をどのようなところに求めたら良いか?ということを考える上で注目に値する新店があ …

「店舗開発という仕事」の将来は?~求められる“これまでとは異なる考え方”とは?~

少子高齢化が進む中で今後も店舗をどんどん開ける企業はあるのか?店舗開発の仕事はなくなってしまうのではないか?といった、店舗開発という仕事の将来を危ぶむ声をこの1ヶ月で何回か耳にしました。 これは、まだ若い店舗開発担当の方 …

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 株式会社福徳社 FUKUTOKUSHA All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.