商業施設の商圏を調べる方法~タダでもできる市場調査~

タダでもできる市場調査【フィールドワーク編】

身の回りには、自分の目や手足を使えば、タダで手に入るデータがたくさんあります。それを使わない手はありません。

ここにご紹介するような簡単な調査をするだけで、物件の提案書や売上予測の根拠づけが強化され、ぐっと説得力のあるものになります。

商業施設の商圏を調べる方法

郊外のショッピングセンターに車で行くと、私は、駐車場に停まっている車のナンバープレートについ目が行ってしまいます。

確認するのは、練馬、袖ヶ浦、いわき、浜松、久留米などの運輸局の支局を示す地名です。最近はご当地ナンバープレートとして新しいものも出ているようです。

ナンバープレートの地名を確認することで、そのショッピングセンターの商圏を想像することができます。

少数の地名に集中しているなら、地元の固定客が主体だな、とか、規模の大きいショッピングセンターの場合は多くの地名に分散していることが多く、一番遠いナンバーはどこか、つい調べてしまいます。はるか遠方のナンバーがあると、連休で帰省している人かな、とか、引っ越してきた人かな、などと考えてしまいます。